30歳過ぎると要注意

一般的にも30代がお肌の曲がり角と言われていますが、私も多分に漏れず、35歳ごろから肌の劣化が目立つようになってきました。

 

劣化の中でも何といってもシミ。

 

それまでは吹き出物ができたら適当に潰して放っておけばキレイになりましたが、30を過ぎたことから、治りが遅くなり、潰した痕がくっきりシミになるようになりました。

 

20代の頃は真夏でも日焼け止めなしで、帽子もかぶらず、日傘もささずに外出してもうっすら日焼けして冬には元に戻っていましたが、いま同じようなことをしたら、冬が来る前に広い範囲がシミになります。

 

30歳を過ぎたことから鏡を見るたびに増えていくような気がするシミ。

 

はっきりと見えるものからうっすらしたものまで、顔全体がシミでおおわれそうで怖くなります。

シミを消すために試行錯誤

顔全体がシミに覆われそうで怖くなり、シミを薄くする方法をネットで検索しました。

 

まずテレビでも宣伝している、シミを消すクリームを試してみました。

 

知り合いから効果があると聞いたからです。

 

1本使い切ってみましたが、私はあまり、というか全く効果がありませんでした。

 

シミに効くという錠剤も試しましたが、シミが増えなくなった気がするだけで、あまり効果は感じませんでした。

 

そしてふとネットで目にしたのが、数十枚いくらの安価なマスクでいいから毎日のようにすると、シミ防止になるという記事でした。

 

そこで爆買いの対象にもなっているらしい、数十枚入ったフェイスマスクを買って、できるだけ毎日寝る前に付けてみることにしましたが、これがとても効果的でした。

継続することが大切

ネットで目にした情報は自分にピッタリだったようで、安価なマスクをできるだけ毎日寝る前につけることで、うっすら広がっていたシミがさらに薄くなり、目立たなくなりました。

 

そのせいか、くすんでいた顔色も明るくなり、温泉に入ったような顔色になりました。

 

他にも、乾燥しがちで口の周りに白い粉ようなものが出ててくることが多かったのですが、それもなくなりました。

 

顔のたるみや毛穴はあまり気にしていませんでしたが、そのマスクを始める前に比べると顔が引き締まったような感じがして、毛穴の広がりも小さくなっている気がします。

 

今のところこの方法は夏にしか試していませんが、日焼けによってシミが増えるのも防止してくれていると思いますし、エアコンによる感想も防げているので、秋になってもこまめにマスクをしてシミを増やさないようにしたいです。